名取ひよこ園

用途:保育園
構造:木造平屋建て

宮城県名取市に建つ保育園の計画。保育園が建つ美田園地区は震災で被災した沿岸部と市中心部と中間に位置する。地区は震災後に宅地造成が進み人口が増え続けている地域である。近隣住宅とのスケール感や距離感を考慮し、各年齢の子どもたちが一体的な空間で活動できる様に計画した。住宅地の中に建つ園舎は敷地の広さも限られており、周囲を住宅や集合住宅に囲われているため、周辺との距離感や音対策、スケール感や限られて敷地の活かし方と共に、各年齢の子どもたちにとっての環境を考えた。また、保育園を運営する特定非営利活動法人ひよこ会は知的障害者の為の施設も数多く運営していおり、落ち着きが無い子どもなども見守りやすい計画や、食育にも力を入れており調理室が建物の中心にあるような構成とした。